健診 代行

健診予約の代行サービスを利用するメリット

健診予約の代行サービスとは、主に企業向けで健康診断の予約から受診予定の病院との調整、予約手配、精算業務の代行、健康診断結果の通知書作成を代理で行うことになります。健診受診者本人が、提携医療機関を指定して、WEB上で予約をすることができます。サービス会社によっては、健診予約をする際に、生活習慣病のアンケートやストレスチェックを行うことが可能です。現代の法律にのっとって行うことができます。実際に従業員が健診に行きその際の費用を一括で代行してもらうことが可能です。後日、まとめて企業から支払います。健診結果をデータ化して、本人がWEB上で確認することが出来ます。もちろん、管理部署での閲覧も可能です。蓄積データも確認できます。企業側の健診業務担当者の負担軽減になります。

検診予約の代行サービスのメリットとは

健診予約代行のメリットは、従業員側にとっては、代行してもらうことによって、医療機関の予約手続きを省略することができる点です。企業側にとっては、協力医療機関が全国にたくさんのネットワークがありますので、もともと予約してあった日が都合悪くなっても調整が簡単になります。巡回検診車を手配することも可能で、普段検診に行けない人、行きたがらない人に対して半強制的に受診を促すことができます。WEBで簡単に申込をすることが出来ますので、総務関係部署で従業員管理も行えます。これは結果的に業務負担を軽減することが可能となります。煩雑になる健診後の精算業務も一括して代行してもらえるので、経理業務も楽になります。健診結果データの管理も代行してもらえます。最終的に業務負担が軽減されます。

検診予約の代行サービスの探し方

健診予約の代行サービスは企業や従業員にとって、メリットばかりとなっておりました。インターネットで健診予約代行サービスを検索すると色々な企業がヒットしてきます。あとは、評判が良いか情報収集しましょう。また、あまりに高額では人件費以上に費用がかかってしまいますので、月額や年額の金額の情報収集も行って下さい。また、自社企業は何を重点として検索して契約したいか、代行サービス会社が提携している医療機関が企業周辺にあるかどうかを念入りにリサーチしてください。全国に営業所がある企業は営業所近くにあるか、地方に企業がある場合は、許容範囲に病院があるかをきちんと調べましょう。最終的に2、3社に絞ってから、きちんと比較して検討してください。自社の希望に沿った代行サービス業者に巡り合うことができるでしょう。