健診 代行

どんなことが健診予約の代行サービスでできるのかを解説します

企業の福利厚生担当者にとって、従業員の健康管理や健診の受診管理は煩わしい業務の一つといえます。医療機関との仲立ちとなり、また、受診の結果を適切に管理し、従業員にフィードバックするところまでを滞りなく行うには、相当な労力を要します。健診予約の代行サービスを利用すると、諸々の問題が全て解決し、従業員の健康管理がスムーズに行えます。利用の際の流れとして、最初に代行サービス業者を選定し従業員の情報を提供することから始まります。その後、従業員にそのサービスを周知させ、サービス業者宛てに健診の申し込みをするよう促します。その後、従業員が業者から発行された受診券を持って医療機関で健診を受け、その結果を受け取ります。業者の中には、健診結果をデータとして集約・分析し従業員の健康増進のサポートまでしてくれるところもあります。

どんな代行サービス業者がいいの?

健診予約の代行業者を選ぶにあたって、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。まず最優先すべきは、従業員の個人情報を取り扱うという点において、守秘義務が徹底している業者であるということです。しっかりとしたシステムが構築されており、実績もある業者を選ぶことが大切です。次に、健診の結果を有効利用するために、健診結果をデータとして集約、分析し、従業員の健康増進の為に具体的な提案をしてくれるサービスも魅力的です。専門業者としてのノウハウや、過去の事例などを活かした提案があれば、企業の担当者としては大助かりです。そして、個々の従業員にとっては、健診結果を受けて不安に思うことについて、気軽に相談できる窓口があれば嬉しいものです。医療機関をわざわざ受診するほどでもないが少し気になる、というような相談を持ち込める場所があれば、日頃の健康不安の解消に役立ちそうです。

健診予約代行サービス業者の選び方

実際にどのような方法で健診予約代行業者を選べばよいのでしょうか。まず、インターネットの情報などから複数の業者をピックアップし、その中で自社のニーズにあった健診が実施できるかどうかをポイントに選ぶという方法があります。実施したい検査項目が受けられない医療機関もあるため、より多くの医療機関と提携している業者を選ぶと安心です。また、医療機関の中には、職場まで巡回してくれるところもあります。全従業員の健診日程を個々に調整するのが困難であることや、日々の業務が多忙である場合などは、職場に巡回してもらうことにより業務の合間に受診することができ、煩わしい日程や業務の調整などから解放されます。医療機関まで赴く時間や費用も軽減できリラックスした気持ちで受診することもできるので、メリットの多い方法だと言えます。このように、ニーズに合ったサービス提供を行う業者を選定することが、良い結果をうむことになるでしょう。