健診 代行

代行サービスで健診予約の手間から解放される方法

国民に対して生活習慣病を予防するために、国や自治体を通して注意を施される広報が近年になってからなされることが増えて、またその流れで2008年度から特定健診が始まっています。今では市町村や自治体などの国民健康保険組合や健保組合等で広く実施がされるようになっています。健康を促進する目的として、広報やお勤めの企業などから告知を受けた方も多いはずです。特定健診というのは、脳梗塞とか心筋梗塞などの危険が高くなることで知られるメタボリック症候群に着目することからも、メタボ健診という名前で聞いた方も多いでしょう。検査内容としては、血糖、脂質、血圧、腹囲を測りその診断結果に基づいて診断されます。そして受診者の健康を維持できない危険性があると判断されれば、医療機関と連携をして指導が入ります。この受診から指導に至るまでの一連の流れを企業などに代わって代行する会社も増えています。

特定検診などにまつわる業務を代行する業者が増えています

2008年度からの特定健診が、企業にも社員に実践することが国から義務付けられたことで、専門の機関で特定健診を受けさせるため社員ひとりひとりに打診をしたり、医療機関と連携しながら受診する日程などの予定を組んでいくなど、多くの業務が企業にとっても新たに発生してきたのです。本来の業務以外に、人材や時間をそこにさかなければならないことは多く、企業にとっても負担が大きく困難な業務になってきていたところ、その需要を受けてこれらの業務を一手に引き受けてくれる代行会社が、サービスを提供し始めたというわけです。この予約の代行サービスを利用することで、中小企業をはじめとして、多くの社員が属している企業にとってはなおさらですが、煩わしい業務を任せることで本来の業務に専念できて、スムーズな健診の流れに繋がるので、大変メリットも大きいとされています。

代行業者に依頼して健康維持のための健診をスムーズにさせる

企業や多くの機関でこのような特定健診を扱う代行サービスは利用されていますが、インターネットで探すとすでに多くの業者が見つかります。国が推奨していることで健診の需要も広がり、多くの業者がこの分野に参入してきたのです。代行業者のそれぞれのサービスの比較検討なども、ネットを利用すれば効率的にできます。健診の代行サービスを利用する時は、会社規模や社員数、必要とする検診の内容などによって費用も違ってきますし、提携をしている病院などの医療機関や検査などのオプション内容、診断した結果に基づいてのフォローの手厚さなども、各業者によってさまざまです。企業やそこで働いている社員にとって、健康促進のためのサポートをしてくれる業者は、今後のためにも相性の良い代行会社を選ぶことができれば心強いサポーターにもなるはずです。

弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 就業判定、就業上の措置に関する医師の意見も登録可能です。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健診を代行をお考えならウェルネス・コミュニケーションズまで